前へ
次へ

海外の古銭をコレクションしている人

古銭というと日本の昔のお金というイメージがありますが、何も日本のものに限ったことではありません。

more

経験豊かなスタッフがデータを利用して高く査定

自宅に眠っていて価値がわからない古銭があれば、古銭買取をはじめ骨とう品買取のお店で査定してもらうこと

more

想像以上に高値がつくこともある古銭買取

家の中をよく探してみると、もしかしたら大昔のお金が出てくるかもしれません。
ご先祖様が残してい

more

かなり価値があると考えられる古銭

古銭はそれだけで価値がありますが、中にはエラーの古銭もあります。
特に昭和時代の硬貨は機械で作っているということもあるので、エラーが発生をすることはあまり考えられませんでした。
しかし稀にエラーの高価や紙幣が出てしまうことがあり、流通をする前にはじかれるはずが、何かのミスで流通ルートに乗ってしまうということもあります。
古銭でしかもエラーがあるというものであれば、かなりの価値が出てきます。
そのままでは使うことはできてもコレクションをしている人にとっては、付加価値もかなりあるので、どうしても欲しいということになってしまいます。
そうなると古銭買取専門業者でも高額で対応をするということになります。
もしもエラーがある古銭を持っているのであれば、実際にどれくらいの価値なのかということをチェックして、買い取ってもらうのかどうかということも考えておくとよいでしょう。
相当珍しいものであれば、複数の業者に査定をしてもらうとよいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kaitoriset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

記念硬貨も古銭買取に出すことができます

古銭は人気があり、高値で取引されています。
と言っても、歴史のある家でもなければ古銭なんてありません。
でも意外なところで高額の硬貨が眠っている可能性があるのです。
それは記念硬貨です。
おじいさんやおばあさんがいない家でも、お父さんお母さんが若いときに記念硬貨を買って忘れている、などということもよくあります。
例えば、近いところでは1997年から1998年にかけて、長野オリンピックの記念硬貨が発行されています。
これは額面では五百円、五千円、一万円ですが、プレミアがついてそれぞれ三倍から八倍もの価値になっています。
買取価格はそれよりも低くなりますが、それでも十分な高値でしょう。
また、もっと遡って1964年の東京オリンピックの記念銀貨というものも発行されています。
額面は百円と千円ですが、それぞれ二、三倍の価格で買い取ってもらえるようです。
また、時価というものもあるので、思ってもみない金額になることもあります。

Page Top