前へ
次へ

価値がある古銭は信頼できる業者に

おじいさんやおばあさんの遺品を片付けていたりすると、昔のお金が出てくることがあります。
今も一部の紙幣や貨幣は使えますが、適当に使ってしまうにはもったいないことがあるので注意しましょう。
たとえば、今はもうない百円紙幣は質にもよりますが三千円から五千円で買い取ってもらうことができます。
百円が五千円になるのですから、そのまま使っては大損だということになります。
また、昔の千円札で通常は額面通りの査定額だとしても、ピン札だったら五千円で買取してくれることもありますし、印刷してある番号がレアだと二万円ほどに値がつりあがることもあります。
一代前の紙幣でも場合によっては高値がつくので、念のため業者に相談すると安心です。
でも、何と言っても高値がつくのは大正から明治にかけての古いお金です。
ひいおじいさん、ひいおばあさんの持ち物を整理するときには見つかることもあるかもしれません。
その場合は自分で下調べをしてから信頼できる業者に査定を頼みましょう。

古銭買取業者に古銭を売却したことについて

祖父は古銭を集めるのが趣味で珍しい古紙幣や小判などを沢山持っていて私に自慢していましたが、その祖父が先日病気で亡くなったので家族で集まって祖父の遺品を整理しました。
必要なものだけを残し後は処分することにしたのですが、その時に問題となったのが祖父が大切に持っていた古銭でどうしたら良いか皆で話し合いました。
誰も小銭に興味を持っている人はいませんでしたし置いておく場所もないので困ってしまったのですが、祖父が大切に集めていたことを思うと捨てる気になれませんでした。
そんな時に思ったのが古銭買取業者に買い取ってもらうことで、売却してしまえば何も問題はありませんし祖父が大切に集めていた古銭が収集家の手に渡り大切に保管してくれると思いました。
そこでインターネットで調べてみたのですが、予想以上に古銭買取業者が沢山あったので驚いてしまいどこに頼んだら良いのか分からず少し考え込んでしまいました。
ただ悩んでいても仕方がないので取り敢えず近くにある買取業者に連絡をして鑑定してもらったのですが、納得の行く額を提示してくれたので直ぐにその業者に売却することにしました。

Page Top